ご結婚したいお相手が見つかったら・・・

特別なこだわりを表現したい結婚指輪のデザイン

結婚指輪  結婚指輪は一生にそう何度も買うものではありません。また、左手薬指の指輪は、幸せの象徴のようなものです。そのため未婚女性にとって、既婚女性が指にはめている結婚指輪は女性の憧れそのものであり、またそのデザインは特別な思いやこだわりを表現したものにしたいと思っている女性も多いはずです。実際、結婚指輪のデザインには、夫婦それぞれのこだわりが込められています。日本人の場合、プラチナやホワイトゴールドなど、シルバーの指輪を選択する方が多く、ゴールドを選らぶ方は少数派ですが、欧米では全く逆でゴールドを選択する場合がほとんどです。これは、日本人の肌の色と関係しています。日本人とひとくくりにしても、各々趣味趣向が異なりますから断定はできませんが、日本人の黄色がかった肌の色にはシルバーの方がゴールドよりも相性が良いのです。そのため、実際に指にはめて指輪を選ぶ際に、自分の肌に合う色のシルバーのデザインを選択する人が多いということでしょう。ここで大切なのは、自分の指にはめてみるということです。それまで考えたり憧れていたものが、必ずしも自分の肌の色や指の太さ、手の雰囲気に合うというわけではありません。試着は結婚指輪を選ぶ際の必須条件です。

 さて、試着ということについて先ほど書きましたが、この試着の際に注意しなければならないことは、肌の色や指の太さに合うということだけではありません。普段自分が気に入って着ている服と合うかどうかも大切なポイントです。指輪の購入は特別なものですし、購入の際はどうしても浮き足立っています。そのため、普段はクールな服装を好んで着ている女性がキュートだったりラブリーだったりするようなデザインの指輪を選んでみたくなったり、普段ではあまり選ばないようなちょっと変わったものにしてみたくなったりすることがあります。しかし、そのように考えて購入した指輪は、普段着とちぐはぐなコーディネートになってしまいます。また、一生身につけると思っていいものですから、あまり奇抜なものや流行廃りがあるようなものにすると、後々不満も出てきてしまうでしょう。大切なことは、二人でずっと身につけるものだということを常に頭の片隅に置き、自分たちらしい指輪を選択するということです。指輪の内側にはイニシャルや結婚記念日の刻印をすることが多いですが、そのようにして一生に一つ、世界に一つだけの指輪を購入するのですから、普段の自分たちを表現できているような、日常に合った物を慎重に選ぶことが大切です。